髪の問題を一緒に解決し、美しい髪へ

髪のヘアエステサロン

ソワンのブログ オンラインショップ
ブログ

2017/03/14

黒髪と茶髪、太陽光でダメージを受けやすいのは?

カテゴリー名:紫外線対策

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます😄

これからの季節の、日差しと髪の色の関係を調べてみました。

茶髪は?

茶髪とは、もともと黒かった髪にカラーリングで茶色を入れた髪のことです。

カラーリングの施術は、綺麗に染めるために、もともとの黒い色素を抜きます。

続いて色を抜いた髪に染料によって色を入れていきます。
黒髪を茶髪にするためには、カラーリング施術を施しているため、茶髪は黒髪に比べて髪に傷みが生じてしまいます。

カラーリングによって傷んだ髪は、外部からのダメージに対する保護機能が落ちています。

そのためカラーリングが必要な茶髪は傷みやすくなります。
また、メラニン色素の量の違いも髪の傷みやすさを変えます。
メラニン色素には、髪を保護する働きもあるため、メラニン色素の少ない茶髪はより太陽光のダメージを受けてしまうのです。

太陽光による髪への影響

太陽光による髪への影響とは、太陽光を長く浴びると髪は大きなダメージを受けるということです。
太陽光に含まれている紫外線には、髪の外側のキューティクルを壊しますので、ダメージは髪の内部まで行き渡ります。
また紫外線は、髪と同様に皮膚も傷つけてしまいます。
頭皮は、毛母細胞から髪を作るところですので、頭皮の傷みは発毛を含む髪のあらゆることで良い影響をもたらしません。

ダメージを避ける方法

太陽光のダメージを避けるためには、髪に直接太陽光を浴びせないことです。
帽子や日傘といったアイテムが効果的になります。

太陽光によるダメージは、夏特有というものではなく、季節に関係なくダメージを受けてしまいます。
ですので、1年を通して太陽光対策を考えることが大切になります。

また紫外線は、ガラスを通過して髪にダメージを与えますので、室内にいるときも注意していないと髪にダメージを受けてしまします。
室内で帽子をかぶりにくい場合には、カーテンやUVカットスプレーを使うなどして対策してください。
太陽光によって受けるダメージの大きさは、髪の傷み具合とメラニン色素の量が大きく関係しています。
そのため茶髪は黒髪に比べて、より受けるダメージが大きくなる傾向にありますので、しっかり太陽光対策を行いましょう!

 

しっかりと『予防美容』をすることで5〜10年後の白髪ができにくくなり・抜け毛も減り・アンチエイジングにも効果的ですから、良い頭皮の環境を手に入れることで、変わってくると思います 🙂
髪を大切にしてくださる方
髪を綺麗にしたい方
髪でお困りの方
髪で悩まれている方
是非1度お問い合わせ下さい
髪が綺麗にならないのではなく
髪を綺麗にするにはヒミツがあります

髪のケアについてお気軽にSoin(ソワン)にご相談ください。
※19時以降をご希望の方はお気軽にご相談ください

予約はこちらから
※緊急のお客様専用ダイヤル:093-571-9222

キーワード検索

髪のお悩み別カテゴリー

人気記事

髪についてキーワードで探す

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,