髪の問題を一緒に解決し、美しい髪へ

髪のヘアエステサロン

ソワンのブログ オンラインショップ
ブログ

2017/05/18

髪量=ボリュームが出るというのは大間違い!その3

カテゴリー名:くせ毛のお手入れの仕方, くせ毛の方のドライヤーの使い方, 髪の量が多い=ボリューム?

この記事は約2分で読めます。

いつも沢山のお問い合わせくださいましてありがとうございます。

その3.髪の毛はすぐに乾かす

髪を洗った後、しばらく自然乾燥させてからドライヤーで乾かしているという人はいませんか?
少しでもドライヤーの熱で髪を傷めないようにと、自然乾燥をしてからという人が多いですが、これが反対に髪をボサボサのボリュームアップヘアに繋げてしまいます
お風呂に上がった後、タオルドライをしてすぐに髪を乾かすだけで髪の状態は変わります

気を付けたい乾かし方

ボリュームを出さないようにする場合は、次のような乾かし方をしましょう。
* 乾かす順番は、頭頂部から徐々に下へ

* 根元からしっかり乾かす

* ドライヤーの風は下から当てるのはNG

* 根元が乾いたらブローブラシなどでスタイリングをしながら乾かす

* 最後は冷風を髪全体に当てる

髪の乾かし方で多いのが、襟足部分から乾かす方法です。

そのまま頭頂部に向かって乾かしている人が多いと思います。

しかし、この方法の場合、下から上へ髪を持ち上げながら乾かすことになるので、ボリュームダウンどころかボリュームがアップしてしまいます。

髪が細い人や、少ない人はこの方法が適していますが、髪量が多い人がこの方法をすると爆発したようなボリューム感になってしまうので、必ず、頭頂部から乾かすようにしましょう。
また、髪の根元をしっかりと乾かさないと、その部分だけ水分を含むため膨らんでしまいます。
根元が膨らむと、髪全体が膨らんでボリュームのあるヘアスタイルになるので、根元はしっかりと乾かしましょう。
最後に冷風を髪全体に当てるのは、キューティクルの開きを抑えるためです。

キューティクルが開いていると、その部分に湿気などが入りボリュームアップに繋がるため、これも必ず行うようにしましょう。


また髪のキューティクルが、整う事で指通りが変わりもつれにくくなります。

という事は髪の痛みも出にくくなります。

髪の乾かし方を変えるだけでも、髪のボリュームはかなり抑えることができます。

自然乾燥はキューティクルが開いたままの状態になり、髪にはよくありませんので髪は必ずドライヤーを使って乾かすようにしましょう。

髪のケアについてお気軽にSoin(ソワン)にご相談ください。
※19時以降をご希望の方はお気軽にご相談ください

予約はこちらから
※緊急のお客様専用ダイヤル:093-571-9222

キーワード検索

髪のお悩み別カテゴリー

人気記事

髪についてキーワードで探す