髪の問題を一緒に解決し、美しい髪へ

髪のヘアエステサロン

ソワンのブログ オンラインショップ
ブログ

2017/07/16

縮毛矯正と同時にカラーをしたいんだけど・・・

カテゴリー名:カラーとの相性は?, なぜ痛むのか?, 正しいお手入れの仕方

この記事は約2分で読めます。

いつも沢山のお問い合わせ下さいましてありがとうございます。

最近は髪の質を変えられる縮毛矯正をほぼ毎日しておりますが、質問で多いので改めて書いてみたいと思います。

縮毛矯正と同時にカラーをしたい

どの順番で施術をするのが髪への負担が少なく、施術の効果が高いのか、紹介します。

美容室によって異なる!?

どっちが先か論争実は、この「縮毛矯正とカラーどっちが先?」というテーマは、美容室や美容師さんによって意見がわかれています。

そのため、美容室によってはカラーリングを行った後に縮毛矯正をかけるところもあれば、縮毛矯正のあとにカラーリングの施術をするところもあります。

どちらもメリットとデメリットがあるので、一概にどちらの方がよいとは言えません。

縮毛矯正とカラーを同時に行うのは髪への負担が大きいことなので、自分が何を一番求めているのかを考え、きちんと美容師さんとお相談で決められるのが良いでしょう。

私的には一緒には絶対にしません。カラーの持ちや神へのダメージが多いい為に

カラーが先

縮毛矯正あとのメリット・デメリットを考えるとカラーリングを先に行う場合は、カラーでやや髪が傷むため、縮毛矯正の薬剤が浸透しやすくなるという考え方をします。

縮毛矯正の薬剤は強力なので、少しでも弱いものを使って髪への負担が減らそうとするのです。

また、明るい色の場合は縮毛矯正前の方が、カラーが入りやすいとも言えます。

しかし、薬剤の種類などによっては、カラーリングの後だと逆に髪が伸び切らなくなったり、色落ちをして思い通りのカラーにならないこともあります。

縮毛矯正が先

カラーが後のメリット・デメリットの基本的には、同日に施術をする場合は、縮毛矯正を先に行ったあと、カラーリングをする美容室が多いといわれています。

縮毛矯正をかけると髪の長さが伸び、傷んだ毛先も目立ちます。

しかし、縮毛矯正をかけた後だと、髪の毛が染まりにくいというデメリットもあります。

思ったより暗い色になるケースが多く、明るい色にしたい場合は、通常よりもさらに強いカラーリング剤を普通の美容室は使わなければなりません。

できるだけ同時施術は避けた方がよいカラーが先、縮毛矯正が先、どちらにしても、可能であれば同日施術は避けることをおすすめします。

同日に施術をすれば、それだけ髪への負担も大きくなるうえ、どちらの効果も薄れてしまう可能性があります。

それでもお客様がメリットデメリットを確認をした上で、される場合はするかと思います。

(まず止めますが・・・)

薬剤やカラーの定着ということを考えると少なくとも、二つの施術の間は1週間はあけるとよいでしょう。

 

髪のケアについてお気軽にSoin(ソワン)にご相談ください。
※19時以降をご希望の方はお気軽にご相談ください

予約はこちらから
※緊急のお客様専用ダイヤル:093-571-9222

キーワード検索

髪のお悩み別カテゴリー

人気記事

Sorry. No data so far.

髪についてキーワードで探す